ブログトップ | ログイン

花と野菜と器たち

「陶のあとりえ生楽洞」女将のお気楽な日々


by hicha_atelier
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

お茶のお稽古・・・名水点て

いろいろあって、一ヶ月ほどお茶のお稽古をサボってしまいました。

久々のお稽古は夏らしく名水点て
このしめ縄付きの桶に入っているのは、磐余のある名水(亭主が朝早く汲みに行ってきたもの)という仕立てです。
実は、ペットボトルの名水ですが、、、お稽古ですから、、、
一応甲州の「白州」という名水が入っています。
a0073065_10338100.jpg

「名水とお見受けしましたが一口所望させていただきますでしょうか?」とお願いして、
お茶を点てる前に、お水を一口飲ませてもらうという趣向なのです。

お菓子はこれでした。品良い漉し餡の入ったおまんじゅう。
御名「水面」 御製「梅月庵」
a0073065_1004855.jpg


お花は、唐人籠に投げ入れられています。
秋の気配が感じられますね。
a0073065_1024139.jpg


*** Olympus E-410 ZD35mm Macro F3.5 ***

最近迷惑コメントが多いため、コメントは認証制でお願いしております。
反映されるまで時間がかかって申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Commented by akiko at 2009-08-19 16:15 x
名水点ては見たこともしたこともないです~
私が習っている表千家ではないのかもしれませんね。
こちらは、これも本来表ではないお点前ですが茶箱をしました。
Commented by hicha_atelier at 2009-08-19 21:58
>akikoさん、裏と表ではだいぶ違うんですね。
茶箱はずっと以前にやったことがありますが、すっかり忘れています。
確か、振り出しに入った金平糖がお菓子なんですよね。
いつも行き当たりばったりですぐに忘れる駄目な生徒なんですが、
こうやって書くことで、少しは忘れずにいられるかしら?って思うのですけどね、、、
by hicha_atelier | 2009-08-19 10:04 | お茶 | Comments(2)