ブログトップ | ログイン

花と野菜と器たち

「陶のあとりえ生楽洞」女将のお気楽な日々


by hicha_atelier
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

京都~大原三千院~♪

京都旅行のお写真です。
今回、お茶会に出るのは口実で、、、
それに併せて秋の京都を楽しんじゃおうという魂胆です。

初日、のぞみで京都に着いたのが10時半頃、
京都御所の裏手(西)にあるホテルに荷物を預かってもらって、そのまま出町柳まで歩き
バスに乗って大原まで行きました。


三千院は、
中学、高校、大学時代も、その後も、何度も京都を訪れていたのに、
一度も行ったことがありませんでした。
市内からはちょっとアクセスが悪く、バスに乗って30分くらいはかかります。

あの歌のフレーズが頭をぐるぐる、、、思わず口ずさんで「うるさい」と娘2号(^^ゞ

恋の疲れを癒すには、ちょっと寂しすぎるほどのたたずまいです。
山と、樹木と、苔むした庭、水の流れ、、、

お写真はクリックしてみていただけると嬉しいです。
a0073065_2151620.jpg


a0073065_2154186.jpg


a0073065_2153272.jpg


a0073065_20515721.jpg


a0073065_2052439.jpg


a0073065_20521285.jpg


a0073065_20523480.jpg


a0073065_20523934.jpg


a0073065_2052455.jpg


a0073065_20591758.jpg



ところで、このあたりは、2本の流れ、呂川(南側)と律川(裏手)に挟まれていて、
その流れがさらさらととても心地よい音がします。
「呂律」というのは、そのことから生まれた言葉だそうで、
「呂律が回らない」というのも、綺麗な音が出ないと言うことだそうです。

呂川を登って三千院に行き、律川を下って戻りました。
呂川と律川が合わさるところ、、呂律です
a0073065_210348.jpg



このあと寂光院へ行きますが、また暗くなる頃三千院に戻ってみました。
薄暗くなった小道、、、灯籠が点々と
a0073065_2174845.jpg


小高い丘に登って日暮れを待ちます。
畑ではコスモスが西日を受けていました。
a0073065_2173833.jpg


山の向こうに沈んでいく夕日。
a0073065_2185976.jpg





さて、この前に寂光院に行きますが、そのお写真はまた今度。
おつきあいくださってありがとうございます。







☆画像はクリックすると大きくして見ることができます☆

a0073065_144346100.gif


*** Olympus E-5 ZD50mm Macro F2.0 ***


Commented by Nawo at 2012-11-11 22:32 x
素敵なお写真ばかり♪
この時期にいつもお茶会が京都でありませんか?確か一人旅をしたこともあったのでは?
お嬢さんと女二人旅なんて気が合って、色々な楽しい所を巡れそうで良いですね~

三千院にこんな可愛らしいお地蔵様(?)石仏(?)がいらしたなんて、全然知りませんでした。
恋じゃなくても、疲れた人は、みんな癒されますね(笑)
Commented by hicha_atelier at 2012-11-12 06:45
>Nawoさん、おはようございます。
お茶会は四季を通して何度もあるのですが、
なかなか京都まで行くのは大変で、、、前回は二年前、それは「夜伽の茶事」というお稽古茶事で、夕暮れから始まり、ろうそくの灯りだけで行うものでした。

二年前も、歩き倒したのよね~~(^^ゞ

石仏は、あることに気づかず、一度回ってから戻って探したのよ。良いたたずまいでしょう?
とてもしっとりとした素敵な場所でした。



Commented by みるきい at 2012-11-12 17:56 x
ひゃ〜 これまたステキな写真に目を奪われてしまいました。
木々の香りも伝わってきそうです☆

京都って2〜3回位しか行っていませんが、数年前主人の出張について 一人哲学の道や銀閣寺などまわったのが懐かしいです。
昔職場で
「京都〜大原三千年〜♪」と口ずさんで本気で笑われた事がありますw
Commented by hicha_atelier at 2012-11-13 10:58
>みるきいさん、お返事遅れました<(_ _)>
ありがとうございます。本当にしっとりとして落ち着いていて、良いところでした。

哲学の道も良いですよね。二年前は銀閣寺近くでお茶事があったので、あの雰囲気満喫しました。
アハ?三千年ですか??(*^^*)
みるきいさんの年代ではあまり知らないかもですね。
今思うとまるっきり演歌ですが、あの当時はあれでポップスだったのよね~~

by hicha_atelier | 2012-11-11 21:14 | Comments(4)