「陶のあとりえ生楽洞」女将のお気楽な日々


by hicha_atelier

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
草花
野菜・料理
お茶

江戸オフ会
カメラライフ
チャ太郞・トラ二郎
日々
陶芸
野鳥

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 05月
more...

最新のコメント

>a-ki_laさん、ご..
by hicha_atelier at 08:39
先日、畑のコスモスを撮ら..
by a-ki_la at 07:54
>teruhitoypo..
by hicha_atelier at 13:55
うちも雑草園になるのでい..
by teruhitoypotato at 07:03
>ゆれいさん、ありがとう..
by hicha_atelier at 20:37
>惑さん、コメントありが..
by hicha_atelier at 21:43
箱根越えは、流石に一泊で..
by 惑 at 08:44
>Little Wing..
by hicha_atelier at 15:46
ご無沙汰しております、f..
by Little Wing at 07:05
>惑さん、コメントありが..
by hicha_atelier at 09:06

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

links

フォロー中のブログ

作陶日記 - つぐみ製陶...
陶工房久美のつぶやき
陶芸家・大江一人 『ロク...
「 ね む り 観 音 」
Listen to Cl...
桃青窯696
クロネコタイムズ
にっきにき
東京生活
Re
りとるなっぷ*うたたね日記*
Q503Daily Photo
Sora*Koto
noiflower

最新のトラックバック

福島・塔のへつり
from たなぼた
第8回お江戸オフ
from Fancy Pet
第9回お江戸花見オフ
from Fancy Pet
第28回お江戸恒例ビール..
from Fancy Pet
第57回お江戸オフ≪浅草≫
from 葉桜日記
第五十一回お江戸オフ ~..
from あん・ぷろん・ぷちゅ

検索

タグ

(34)
(24)
(16)
(13)
(10)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
カメラ

画像一覧

京都の〆は孤篷庵のお茶会

今回の京都旅行は、お茶会に出ることが一番の目的でした。
(それだけではもったいないので、二泊して観光を楽しんだわけです)


大徳寺の孤篷庵は小堀遠州によって創建されたもので、
大徳寺一帯から少し西寄りに外れたところにあります。
一般公開はされておらず、普通は入ることができません。
a0073065_8271490.jpg


こちらでは下足番の人たちが草履を預かり番号札を出してくれます。
その後受付を済ませ、荷物を預かってもらい、お濃い茶席へ。
a0073065_8272146.jpg


これより写真禁止なのですよ。

お濃い茶席は、主がMOA美術館
寄りつきの床には 尾形光琳 筆の 朱達磨図  から始まって
それぞれ○○家伝来とか、○○庵旧蔵とか、、博物館級の御道具がずらり

残念ながらお点前はなくて、
御道具の説明と、美味しいお菓子とお濃茶をいただいただけでした。

そうこうしているうちに、本殿で、ご先祖供養の法要が始まって、
ありがたいお経を受けます。

そして、茶室「忘箭」でお薄席 上田宗箇流 家元 上田宗冏

これまた素晴らしい御道具の数々ですが、
お点前、お運びのお弟子さんたちが皆男性で、それも若い外国人ばかり。
ちょっと武士道にも通じる流派のようで、
お手前もきびきびしていて、格好が良いのです。
頭髪は、ちょんまげのように頭のうえで縛っているの、、、びっくりでした。

そういえば、お濃茶も、お薄も、女性の姿は一人も見えませんでした。



さてお楽しみの点心は、嵯峨の一休
お写真が撮れずにお見せできないのが残念ですが、
お膳のうえに、弁当形式+お椀
そこに様々なお料理とご飯が並んでいました。

と~~ってもお美味しいものでした。
今まで食べたことがないものばかりだったの~~

私にとっては雲の上のようなお茶会(正直大きな出費)だったのですけれど、
先生のあとにくっついていかなければできない体験。
すごく面白く、ワクワクしました。



11時過ぎにはすべて終わって、このあと大徳寺の中を少し見て、ホテルに戻り
急いで着替えて荷物を送り、
京都駅へ向かってお土産物色、
のぞみで帰りました。

最後までおつきあいありがとうございました。




室内で撮影ははばかれましたが、
小さいカメラでお庭を少し撮らせていただきました。
a0073065_8273351.jpg


a0073065_8273917.jpg


a0073065_8274629.jpg


a0073065_8275247.jpg



右が今年還暦を迎えられた私の先生です。
私の持っている赤いバッグは、Stylish plus の Nawoさんのものです。
Nawoさん、使っていますよ~~(*^^*)
a0073065_828516.jpg




a0073065_144346100.gif



*** Olympus E-5 ZD ED12-60mm F2.8-4.0 SWD ***

by hicha_atelier | 2012-11-15 09:12 | お茶 | Comments(10)
Commented by TOKIKO at 2012-11-15 11:45 x
お着物姿がステキ~
この暖簾はなんか見覚えがあるような・・・
もう何十年も前に大徳寺へ行き
大徳寺納豆というの買った覚えがあります。
よく覚えてないのですがきっと中には入れなかったんだろうね。
だから暖簾が印象に残ってるのかしら。
Commented by Nawo at 2012-11-15 13:16 x
あらま~とても良いわ♪私のバッグって、やっぱりお着物に合うのね~(笑)
こんな素晴らしいお席にお供させていただけたなんて、本当に本当に嬉しいです。使っていてくださってありがとうございます。

こういう素晴らしい場所に立てて、様々な美術品を目に出来て、本当にそんなに経験出来ることじゃありませんよね。
私は、茶道に興味を持ったことは全く無かったんだけど、今になってみると、すごく残念だったかな~と思います。
お写真を見せていただいて、色々と想像して楽しんでいます。
Commented by Tompei at 2012-11-15 13:52 x
お着物とバッグがぴったり合って素敵です!
お庭も素晴らしいですね。
お茶会ならではのお写真、楽しませていただきました。
Commented by ゆれい at 2012-11-15 17:22 x
趣のあるお庭ですね~
お着物もとても素敵!
お道具や、掛け軸…目の保養になったでしょうねえ。羨ましいです。
丁度良い季節に、京都でお茶会があって良かったですね。
でも、ご苦労様でした~
Commented by 陶片木 at 2012-11-15 19:31 x
素敵なお庭。

上田宗箇展を見たことがあって
その茶道具のすばらしさに見とれました。
戦国の武将であり、茶人、陶芸家、作庭家でもあった宗箇だからこその作品だったと思いました。

そのお庭でしたらさぞかし美しくりんとした物を想像します。
すばらしいお茶会でしたね。

お着物とバッグも素敵だし、hichaさんのお着物姿きれいです。
Commented by hicha_atelier at 2012-11-15 21:55
>TOKIKOさん、こんばんは~
ありがとうございます(*^^*)
大徳寺って、そういう名前のお寺って無いのですよ。
いろいろなお寺が集まって、総称して大徳寺って言うらしいです。
孤篷庵は、大徳寺の一角から、ちょっと西に離れたところにあるので、タクシーの運転手さんもあやふやだったりします。
のれんは、似たようなものをあちこちで見たので、ちょっとわかりません。
納豆があるの?
ちょっと検索してみたら、いわゆる納豆とは違うみたいですね。
食べてみたかったなぁ~
孤篷庵のそばにはそういうお店はないのよ。
Commented by hicha_atelier at 2012-11-15 21:59
>Nawoさん、(*^^*)自画自賛してくださいませ~~
私もとってもしっくり合っていると思いました。
私の方こそ、このバックのお陰で、ちょっとおしゃれに演出できて嬉しいのですよ。

京都まで行ってお茶会なんて、本当はすごく贅沢なことなのですけど、なかなか普通では子のような場所に立てるチャンスがないので、思い切って出かけてみました。
いえいえ、今からでも全然遅くないですよ。
極めようと思ったら、それこそ何十年もかかるでしょうが、
楽しむだけだったらいつでも始められますもの。
Commented by hicha_atelier at 2012-11-15 22:02
>Tompeiさん、こんばんは~~
ありがとうございます。
今回の、着物帯小物の取り合わせ、自分でもしっくりできたかなって思って、、やったね(*^^*)
なかなかお写真を撮れるような雰囲気ではないので、ちゃんとご紹介できないのが残念ですが、楽しんでいただけたら嬉しいです。
Commented by hicha_atelier at 2012-11-15 22:08
>ゆれいさん、こんばんは~~
行くまではちょっと重い気分だったのですが、
その場に経ってしまうと、結構ワクワク楽しい体験でした。
御道具に関しては、知識が乏しくて良く理解できないままで残念です。
今回、ちょうど良い季節だったので、季節に後押しされたってことが大きいかもです。
さくらの季節にあったら、また行っちゃうかもしれません(^^ゞ
Commented by hicha_atelier at 2012-11-15 22:13
>陶片木さん、こんばんは~
上田宗箇流、、、さすがに武士の茶道、かっこよかったです。男性ばかりだったのも尚更武士らしくて、見とれてしまいました。
地図で大きく見ると、もっともっと広いお庭があるようなので、それが見られたら良いのになぁって思いましたが、建物の中からしか見られないのが残念でした。

やったね。上手に着られていますか?
自分でも今回は上手くいったかな、って思っていたのよ。(*^^*)